上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメ車が好き♪

とくにシェビー♪ '56シェビーがお気に入り

うぅ~ん…イタ車もいい

いやいや…国産も捨てがたい

目移りしてこまる(@_@)

だから今はミニカーで我慢しよっと^^;

’56シェビー


スポンサーサイト
2008.06.27 文房具
さんすう ・ しゃかい ・ りかのノートです

紙質も悪く、わら半紙の様

僕が子供の頃はこんなノートでした

この頃の文具がなんだか懐かしい

筆箱 ・ シャーペン ・ 下敷き…

新しいのを買ってもらうと、すごく嬉しかった

ノート
高度成長期を迎え、電化製品の種類が増えて豊かさを感じることができた、

そんな1960年代に発売されたブリキの洗濯機です。

ヨネザワ製でゼンマイを回すととベルが鳴りなふがらスクリューが回るなど、

作りとしてはとてもよくできています。

家庭に洗濯機が普及していった時期ですので、

子供達の間でも人気が出ました。

洗濯機


古き良きアメリカが好きです

だからこんな絵を見つけると、つい買ってしまいます

アメリカの地図

買ってから…なんだ、地図か

アメリカの地図

こんな事は日常茶飯事

アメリカの地図

これからも見つけるたびに…きっと買っちゃいます

2008.06.18 ケロヨン
『木馬座アワー/カエルのぼうけん』 と言う人形による人気バラエティ番組にでてきたのが

カエルの 「ケロヨン」

他に片目のタヌキ 「ギロバチ」、ガ~ルフレンドのカエル「エルちゃん」、幸せを招くシャム猫の 「ブーヨン」

司会進行役お姉さんは 森あき子さん

「ケ~ロヨ~ン」 とか 「バッハッハ~イ」 などと言う言葉が流行ってた

ケロヨン

主人公ケロヨンは4代続いたカエル屋敷に住むヒキガエル

街の名手で気ままな浪費家

自慢のスポーツカーを乗りまわす自動車マニア

僕のモノに対するカッコ良さの基準はケロヨンの影響が大きいのだと思う

ケロヨンの影響で自動車レースが好きになったの…かな?

だからカエルが好きなの…かな?

とにかく幼い頃、ケロヨンから受けた影響は大きい…はず

あと~薬屋さんのカエルは 「ケロヨン」 ではなく 「ケロちゃん」 ですから間違わないように

2008.06.14 野球小僧
ピッチャー と キャッチャー と バッター

あと、守備の子がひとり

子供のころよくやった、三角ベースを思い出しました

これは瀬戸の焼き物だそうです

野球小僧
1983年は世界GPで語り継がれる伝説の年となった。
ヤマハのケニー・ロバーツと、年間12戦を6勝ずつ分け合う激しい戦いを展開。
最終第12戦サンマリノGPではケニーが優勝するものの、わずか2ポイント差で"キング・ケニー"を抑えきり、
WGP500ccクラスのチャンピオンを獲得する。
このときスペンサー21歳8ヶ月。
この年齢でのロードレース世界選手権・最高峰クラス制覇は、史上最年少記録である。

サインに書いてある年を見て下さい。
「83」と書いてあります。フレディーが世界チャンピョンになった年に貰ったサインなんです。
これもらうのに、鈴鹿サーキットに出入りしている業者でアルバイトまでしたんです。
そしてフレディーを見つけ、思わず叫んだ言葉が…
「ギブ・ミー・ユアー・サイン」ですよ^^; 
なんでもいいんです。こうして伝説の天才的なライダーのサインを貰ったから♪

フレディースペンサー
2008.06.10 サトちゃん
カエルもいっぱい捕まえた

金魚も捕まえた


そして…ゾウも捕まえた

サトちゃん


2008.06.08 古伊万里
焼き物はよくわかりません  怖くて手が出せません

これは、ある方が見て良い物だという事なので買いました

伊万里の向付

江戸後期の古伊万里の向付だそうです

子供も大きくなったので、器も良い物を揃えていきたいです

伊万里の向付


2008.06.06 トイカメラ
小学生の頃、毎月買っていた「科学」と「学習」のふろくに、

ピンホールカメラが付いていた。

それが初めて手にしたマイカメラだった。

カメラと言っても、それはまったくのおもちゃ。

自分で撮った写真を押入れに作った暗室で現像する。

現像セットまでちゃんと付いていたんじゃなかったかな?(よく覚えてない)

それが楽しくて仕方なかった。

でも、所詮おもちゃ…直ぐに壊れた様に思う。

この頃、カメラなんて子供のお小遣いで買える様な物ではなかった。

カメラのおもしろさに目覚めた僕は自分のカメラが欲しくて仕方なかった。

そんな頃、やっと手に入れたのがこんな感じのカメラだった。

これでもじゅうぶん嬉しくて気分はカメラマン♪

あのカメラはどこへいったんだろ…

大人になってから、つぶれかけたオモチャ屋さんでこれを見つけ、

迷わずに買ったのは言うまでもありません。

ダイアナ
2008.06.05 かえる四ひき
骨董屋さんでお金払おうと思ったら

こいつらが連れて帰ってくれって…

かえる四ひき

だから、連れて帰りました

こいつらが乗っているお皿は灰皿

専売公社の時の配り物みたいです

カエルばっかり^^;

かえる四ひき


2008.06.03 姫フォーク
昔はどこの家にもありました

このプラスチックの感じがいいです

色がいいです

あと…ねじねじスプーン

みんな、どこ行っちゃんでしょう

ひめフォーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。