上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.31 月兎印
最近、琺瑯が気になっています

この、蓋物に惚れて購入してしまいました

おはじきを入れるのに丁度いいと思ったし^^;

月兎印

月兎印は、(株)フジイが藤井商店であった時代(大正15年)に産声をあげたブランドです

藤井商店は琺瑯メーカーとして日本における琺瑯の文化を作り上げました (写真のは藤井商店のモノ)

野田琺瑯との関係をしっている方がいましたらお教え下さい

スポンサーサイト
ご存知、鉄人28号の射的ゲーム?

コルクの弾を先っちょにグイグイと詰めて撃ちます

これ、実は2つあります

遊び用と保存用に買ったのかな?

鉄人28号



踏み切りを蛇行して渡らなくてはいけない車にも飽きてきた僕は、次にどんな車に乗ろうかと考えていた。
人と同じような車なんか絶対にイヤだった。
古き良きアメリカに憧れてた僕としてはやっぱりアメ車が欲しかったのだけれども…ちと高い。

そこで知り合いの車屋さんに頼んで候補が何台かあがってきました。

いすゞヒルマンミンクス…
  これは値段も高かったし部品も出にくそうだから苦労すると思った。

1964年のセドリックワゴン…
  これはでかくてカッコよかった。

ご存知、ホンダS800…
  最後まで迷った1台だったけどオープンというのがネックだった。

他にもいろいろな車を見ては、それぞれの魅力にみんな欲しいなぁ~
と思う始末。 そんな中、僕を釘付けにした車が1台。
フロントマスクは僕の憧れの「Tバード」そっくり。(これは僕が思っただけ)
ちょっと控えめなテールフィンもカッコいい♪
そして運転席は憧れのベンチシート。
将来、子供が生まれたら親子3人で前のシートに並んで乗るという夢もかなうではないか(^^♪
今まで悩んでいた車たちは一瞬で僕の頭から消えてなくなってしまった。

さっそく持ち主の人とお金の交渉をして買う事に決まった訳です。

で、買った時の写真がこれです。

コロナ1

こんなの普通買わないでしょ。
でも僕には、こいつがカッコよく走る姿しか浮かんでいませんでした。 

絶対に綺麗にしてやる!って思ってました。 

このコロナ、最初見た時は色も汚くてメッキの部品も錆びてて、ゴム類(ドアのウエザーストリップなど)もボロボロ。
どこから手を付けたらいいものか(@_@) ちょっとお手上げ状態。
幸い僕は「東海オールドカークラブ」という所に所属させてもらっていましたので相談する人は沢山いました。

コロナ2

外装部品(バンパー、グリル、ホイールキャップ、マスターシリンダー…その他もろもろの部品)がなんと新品で手に入ったのです。
ボディーですが見た目ほど悪くないんですね~錆なんかも殆ど無し! 
前の持ち主が車の錆びては困る場所という場所にグリスをたっぷり塗ってあったのです。
これでやる気もますます出てきて、絶対にピカピカになると言う確信を持ちました(^^♪
さて、作業するにも場所と言えば家の車庫しかない…どうせ塗装は本職に頼むのだから板金屋さんを探す事にしました。
何でもいいから探すって訳にはいかなかったのです。ある程度自分で手伝って安くしてもらえる様な個人でやってる様な所が僕の理想。
そして長い時間置かせてもらっても文句を言われない様なアットホーム板金屋さん。人に聞いたり、紹介してもらったりしてようやく僕の理想の場所を見つけました。
店の主人に僕の希望を話し、どうして欲しいとかいろいろ相談して自分である程度やれば安くしてくれると言うところまで話しをもっていったんです.

本当に毎日の様に通いました。休みの日なんかは1日中そこにいてせっせと作業して。旦那さんがいなくたって勝手にやったり…
塗装は全部自分でめくりました。その下のサフェーサーと言う下地をはがすのに苦労しましたが。あと、新品でなかった部品など旦那さんがびっくりするぐらい綺麗に磨きました。
旦那さんは釣りが趣味。僕も釣りが趣味だったので話しも合う。子供はサッカーをやってるみたいでたまに遊んでやったりスパイクをあげたり。
おじいさんやおばあさんともお茶飲んで話しこんだり。奥さんも気さくで明るい人(今でも付き合いがあります)
そして1ヶ月ぐらいかかったでしょうか? ようやく僕のコロナの塗装が終わったのです。
色は最初からツートンにすると決めていたのですが何色にするかは凄く迷いました。で、最終的に決めたのがたまたまそこにあったバスタブの色。旦那さん、この色作って!これにする!

どうですか?なかなか可愛くなったでしょ~僕のコロナ(^^♪

コロナ3

こうして綺麗になったコロナでいろんな所へ出かけました。
オールドカークラブの人達とトヨタ博物館へ行った時は楽しかったです♪
それこそ中に展示してあるのより綺麗なクラウンやダットサンやオースチンなんかで乗り付けて駐車場にとめるのです。(じっさいトヨタ博物館に車を貸している人もいましたが)
ちょっと人の目が快感だったりするんですね~^^;
いろんなイベントにも参加したし…雑誌の取材なんかも受けたりもしましたから、その当時の雑誌を見ると僕が写ってますよ(*^_^*)

そして次の年の1月に東京であったクラシックカーのイベントにも参加しました。ちょうどコロナ、クラウンのコンクールがあったのでそれに出してみる事にしたのです。
「参加する事に意義がある精神」と毎年そのイベントには出かけていたので、どうせ行くなら出してみようと思ってね^^;
この車で夜7時ごろ出発して会場の神宮外苑絵画館前の駐車場に着いたのが朝の7時…なんと10時間のドライブです。きつかった~(*_*)
会場では部品やオモチャを売ったりしてる人たちもいたし、他の車なんかも見てブラブラしてました。

突然、けたたましい音をたてタイヤをキュキュキュ~と鳴らしながら会場に入ってきた真っ赤なコルベット。誰だあれ?と思って運転席に座ってる人をみると、所ジョージさん。なんという登場の仕方でしょうね~
その所さん、会場をひとまわりして僕のコロナも見てくれました。で、ちょっとお話しさせてもらって「キレイだね~」って僕のコロナの事を誉めてくれました(^^♪

コロナ4

さて、また10時間かけて帰んなきゃ(-_-;) と思った僕は買った部品やオモチャを後ろのシートに詰め込んで帰る準備も完了!
まっ、せっかくだから優勝した車でも見ていこうかなと思っていると…
スピーカーから流れてきたのは僕の名前。
うっそぉ~俺、優勝しちゃったよ ・・・(゚_゚i)タラー・・・

コロナ5

車と一緒に前へ出てきて下さいと言ってる(@_@) そんな事急に言われたって荷物積んじゃったし…
とにかく慌てて荷物降ろして出て行きました。あんなに心臓バクバクした事はなかったです。はい。

そんなコロナも子供が生まれて、親子3人でベンチシートに座るという夢も敵えたのですが、雨の日は乗らない車では何かと不便だし、自営の為のトラックを買ったりで経済的な理由もあり…売ってしまいました(/_;)

5年ほど僕の手元にいたコロナ。ほんと可愛い奴でした。愛情もたっぷり注ぎ込んで、今まで乗った車の中でも最高の車でした。

このコロナは今なお知り合いの車屋さんが保管しています。この間もまたいつか買い戻すから売らないでよと、話しをしました。。。

コロナ6

と、ま~こんなところです。長々とすいませんでしたm(__)m

2008.07.22 万古焼き
僕の住むところは、万古焼きの産地として有名です。
万古焼きって、あまりメジャーではないのかな?
万古焼きの土鍋や急須は見た事があるとおもうのですが…
確か土鍋の7割は万古焼きだったと思います。

万古焼き

基本的にガラスが好きなので、焼き物にはあまり興味がなく持っていませんでした。
ある骨董屋さんで、これを見たとき無性に欲しくなりました。
もともと蓋物は好きだし、これは骨董屋主人のお勧めの品だったので購入。
素焼きの物(これがあまり好きでない)が多いのにこれは青磁だったので気に入りました。
何でも30年ほど前に亡くなられた作家の作品だそうです。
地元の焼き物もひとつぐらい持っていないとね^^;

万古焼き

2008.07.17 イカリソース
これは、僕のじゃありません

最近は骨董市にも一緒に出かける奥さんが、見つけて買いました

確か…倉敷の 「懐かしマーケット」 で

詳しくはこちら → http://m-kanjiya.com/?mode=f2

イカリソース

ちなみに、奥さんは…スプーンやエッフェル塔、アイスクリーム関係のモノが好きみたいです

2008.07.14 紙風船
これぞ元祖オマケじゃないでしょうか

「近江の薬、ホントニヨクキク」…しかも右から書いてある

紙風船

「下りはら」 「しぶり腹の良剤」

時代を感じます

紙風船


2008.07.12 石鹸箱
ひと目みて気になったセルロイドの小さな箱

よく見ると資生堂のマークが

手に取ると何かが入っているみたいで

カタカタと音がする

中から出てきたのは石鹸

なるほどね…

資生堂

※画像UPしてから気付いた事が

TOILET SOAP… これってトイレ用の石鹸かよ(-_-;)

資生堂


2008.07.09 N360
ホンダN360(1967年)

安い、速い、広いと3拍子揃った「軽」の革命児

4サイクル空冷2気筒OHCエンジン

354cc・31馬力、燃費は28km/リッター(40km/h運転時)

まず客室(キャビン)から設計して、当時の軽乗用車では最大の広々としたものでした

ハンドル、インパネ上部、助手席のヒザ部分には安全パッドが施されている

31万3000円という低価格など、すべてが既存の軽の常識を覆す傑作車といえる

N360


2008.07.08 トヨタセリカ
ガラスやオモチャなど…いろいろ好きで集めています。

ミニカーも好きで、子供の頃から集めています。

なかなかUPできませんが、ここで少しずつUPしていこうと考えています。

トヨタセリカ

写真の車は、トミカダンディーの 「003」 1/45 スケール

トヨタ セリカ1600GT 通称 ダルマセリカと言われていました。

ちなみにこれは、レーシング仕様です。

2008.07.06 信楽焼
今日は…あっ、もう昨日だ

この間に続き(この間は京都)、お昼から信楽へ行ってきました

新名神が出来て、ほんと関西方面が近くなりました

いい酒器でもないかと探しに行ったのですが…なかなか見つかりませんね~


で、写真の壷の様なモノは、お酒を入れる信楽焼の徳利だと聞いております

義理父が子供の頃から家にあったモノで(この時点で70年以上たっている)、曾おじいさんの話しによると…

それからさらに40年は前から家にあったと言う事なので…少なくても110年以上はたっているとの事

どれぐらい前の物かは、残念ながら僕には見当もつきません

でも、焼き物だからこんなのじゃまだまだ新しいモノなのでしょう

信楽焼

今日、窯元のおばあさんといろいろ話しをして教えてもらいました (話し聞くの好きだから)

この写真の釉薬の様な物は、土に含まれる硝石が解けて付いたモノだそうです

ウルトラQ

■名称:”冷凍怪獣”ペギラ
■登場:第5話『ペギラが来た!』/第14話『東京氷河期』
■体重:2万t
■体長:40m
■出身:南極

■名称:”海底原人”ラゴン
■登場:第20話『海底原人ラゴン』
■体重:100Kg
■体長:2m
■出身:深海

■名称:”隕石怪獣”ガラモン
■登場:第13話『ガラダマ』/第16話『ガラモンの逆襲』
■体重:6万t
■体長:40m
■出身:チルソニア星

これはウルトラマンより古い「ウルトラQ」に出てきた怪獣たちです。

残念な事にゼンマイを巻く、あの、その…鍵みたいなのが行方不明です(T_T)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。