上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.25 銭箱
ずっと欲しくて 探していました

そりゃ~ かっこいい飾りがいっぱい付いたのが欲しかったけど…

そんなのはみんな高いのです  

予算ってモノがあります

予算の中で できるだけかっこいいモノ


そして出会ったのが これです

銭箱

釘隠しって言うのかな? ボコボコした丸い飾りもかっこいい

大きさも今まで見てきた中では大きい方で  縦 約28cm  横 約46cm  高さ 約30cm

木の厚さも 約2.5㎝ あり ずっしりした感じがする


これがいつ頃のモノなのか…

半年ほど前に 初めてこいつを見つけた時 

中に 「 明治○○年 」 と書いた 台帳の様な物が入っていた

あと 「 松阪○○町 」 と書かれた そろばんも入っていたので

明治以前に 三重県松阪のどこかの店で使われていたのだろう

いろいろ想像してしまうのだが…   

とにかくこの中にお金をいっぱい貯めるぞ

スポンサーサイト
2010.10.24 謎の箱
ガラスが やっぱり一番好きなのですが…

最近 ちょっと気になる木でできた物

小引き出しや 薬箱 毒薬ケースに 火鉢 飾り棚 … いろいろある

そのなかで正体がわからない物が こいつ

道具箱

横には 肩紐を通す様な金具

底には それを証明する様な切込みがある

蓋を開けると

道具箱

こんな感じで開き もう片方も同じ様に開く

そして 中蓋? は取り外せる

木の物も ただ今勉強中なので詳しい事はわかりません

蝶番などをみると そんなに古い物でもない様な気がする

道具箱

先ほど オークションで同じ様な箱を見た

解説には 釣り道具箱とあったが… そうなのかもしれない

心当たりのある方 お教え下さい

ワイワイガヤガヤの意見も嬉しいです


大きな声では言いませんが…

銭箱買った

2010.10.21 やぐら
おばあさんの家には 櫓炬燵があった

子供の頃 中に潜り込んで遊んだものだ (今、考えると怖い)

その時 こんな木の枠の中に火鉢が入っていた様な気がした…

櫓

だから これは櫓炬燵の中に入れてあった木枠だと思い込んでいた


先日 義理母がこれを見て言った

この中に火鉢を入れて その上から布団を掛けてみんなで足を突っ込んだ思い出があると…

あれ? 櫓炬燵の中に入れる木枠じゃなかったの

三ツ矢製菓の 「 高級バナナキャラメル 」 の大箱

戦前の物のようだが いつ頃の物なのだろうか?

バナナキャラメル

ちょっと調べてみたら… 会社は名古屋に今もあった!

創業は 大正7年

三重県三重郡朝日町が発祥の地らしい

昭和6年に名古屋に 「 三ッ矢製菓合名会社 」 を設立している

この箱にも 「 三ッ矢製菓合名会社 」 と書かれているのでその頃のモノだろう


それにしても 三ツ矢のマークは人気があったのだろうか?

家に もういっこ 「 三ツ矢葡萄酒 」 の箱がある

少し大きな 戦前の籐のバスケット

どんな人が 何を入れて 誰と どこへ出かけたのでしょう

バスケット

2010.10.09 火鉢の蓋
何て言うのかな? 右側に付いている 入れ物の蓋

こいつに 大きな穴があいているのが気に食わなかった

先日UPした写真を見て下さい  これ
 
しかも板が反ってしまっていた

直すしかない

火鉢の蓋

あと…

この火鉢 欅だからやたら重い

シーズンオフの時 きっと収納場所にも困る

だから こいつもついでに作った

これなら テーブルとしても使えそうだ

火鉢の蓋

箱火鉢が板金屋さんから帰ってきました

最初 銅版も自分でやるつもりでしたが…

無理だと諦め 板金屋さんに持ち込む事にしたのです


なかなか受けてくれる所が見つかりませんでした

何軒か回り やっと見つけた板金屋さん

昔堅気の親父さんが気に入りました

店先には箱火鉢が置いてあり (親父さんが修理した物です)

やって欲しい事も 言わずともすべて理解してくれたのです

そして出来上がりがこれです

火鉢

あと 箱が焦げない様に養生をして…

細かい所の修理と 磨きをかけます

今年の冬は 新しい火鉢が使えそうです

2010.10.02 炭籠
今まで使っていた物は

針金にビニールを巻いた様な 昭和レトロなモノでした

火鉢をかえたので 炭籠もかえます

いつか使おうと 仕舞ってありました

写真では見えませんが ちゃんと鉄板が張ってあります

炭籠

火鉢ですが 今日板金屋さんに修理に出しました

寒くなる前に出来上がってきそうです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。