上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06.12 杯洗
良い漆器の椀が欲しいと思っていました

でも 高くてなかなか手が出ません

行きつけの骨董屋さんで こいつを見つけました

杯洗

椀というには少しい大きい気もしたので 店主に尋ねると

「杯洗」 だと教えてもらいました

「杯洗」 とは 酒宴の席で人に酒をさす前に杯をすすぐ器の事です


こいつに刺身を盛り 海鮮丼にしたら… 

こうなったらもうダメです 欲しいです

こういう見立ては OKですよね

杯洗

店主に この 「杯洗」 の出所を聞くと

16代続く 「御典医」 の家から出た物だそうです

「御典医」 とは 将軍や大名に仕えた医者

ここへ入れてもらうのに 店主は2年かかったそうです (蔵が三つ)

この 「杯洗」 も幕末から明治ぐらいはあるのでは? と言う話しです


少し写真が見難いかもしれませんが 蓋には

「福塗内艶消」 とも書かれてますが これは何やら手のかかる仕事の様で…

杯洗

杯洗が包まれていた布には 「能州輪島」 と書かれているので

これは 「輪島塗」 なのでしょう (すいません漆器はよくわかりません)

そして 「塗師 金兵衛」 とも書いてあります

残念ながら あとは読めません


早くこいつで 海鮮どんぶりが食べたい


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。